和菓子・上生菓子の通販 御菓子司(お菓子つかさ)酒田屋(さかたや)/城下町むらかみ(新潟県村上市)で営業 

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

ホームボタン お店紹介ボタン 商品案内ボタン ご利用案内ボタン お問い合わせボタン
リンクボタン サイトマップボタン このサイトについてボタン
新潟半熟カステラ

水無月、無病息災と暑気払いの思いを込めてー。
 初夏の六月を締めくくるのは、平安時代の記録にも残る「夏越の祓」。村上地方では「なつこしのはらえ」と呼ばれていますが、地方によっては「あんごし」あるいは「みなづきのはらえ」と呼ばれているそうです。

  暑さが厳しく、病もはやりやすいこの時期、さらにちょうど一年の折り返し点でもある六月の晦日に、過ぎた半年間の無事を感謝して残り半年の息災を願う行事が名越の祓です。
 また、古代より伝えられる禁裏の行事、六月朔日(毎月の第1日)の「氷の節句」ともいわれる「氷室の節会」。冬から奥深い山陰で貯蔵してきた氷を臣下に与え、夏の暑気払いと無病息災を祈念したといわれていますが、この二つの行事が結びついたのが「水無月」の習俗です。
 祓の風習は地方によって様々ですが、海に入って身体を清めたり、形代を川に流したり、茅やワラを編んで輪をくぐり抜けたりして、各神社では疫病除けの神事が催されます。
 昔、庶民は夏に氷を口にすることは出来ませんでしたが、この習俗にあやかりたいという思いが、氷を模したお菓子を作り出したのです。
 「水無月」は、外郎(米粉・餅粉・小麦粉・砂糖を混ぜて蒸し上げたもの)で作るのが普通ですが、白い三角形は宮中に献上された「氷」を表し、上に散らした赤小豆には節分の豆まきのように、「赤」と「小豆」に邪気払いの意味が込められています。
 また、小豆はビタミンB1などの栄養素を多く含んでいます。暑い夏を乗り切るためにはビタミンが必要で、その意味でも理にかなっているお菓子といえるのではないでしょうか。
 これから本格的な夏が到来します。ことしの夏も暑くなるのでしょうか? ぜひ、みなさんのご家庭でも、ご家族の健康に感謝しながら、小豆を使ったお菓子を召し上がってみてはいかがでしょうか。

 様々な場面で、年中行事と和菓子との関わりはあります。歴史や風俗を感じながら、召し上がっていただくのも和菓子の楽しみ方のひとつです。

新着情報

6月の上生菓子とTOPページを更新しました。<17.06.01>
この度プロバイダーのサービス終了に伴い動作されなくなったお問い合わせフォームを新たに変更致しました。お客様には大変ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ありませんでした。<17.06.03>

お知らせ


お知らせ欄履歴はこちら→


フードアクション日本 米粉倶楽部
キラリ夢ファイル

テレビ新潟(Teny)『きらり夢ファイル』にて、当店の小豆『ときあかり』が紹介されましたが、この番組の放映が終了のため、掲載内容をこちらへ移動しました→(click!)


有限会社 酒田屋(さかたや) 
〒958-0846 新潟県村上市安良町3-8
TEL.0254-53-2527 
FAX.0254-52-1088