和菓子・上生菓子の通販 御菓子司(お菓子つかさ)酒田屋(さかたや)/城下町むらかみ(新潟県村上市)で営業 

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

ホームボタン お店紹介ボタン 商品案内ボタン ご利用案内ボタン お問い合わせボタン
リンクボタン サイトマップボタン このサイトについてボタン
新潟半熟カステラ

  秋の澄んだ夜空に浮かぶ月を観賞する「月見」の風習は、万葉の昔から続く習わしであり、九世紀中ごろの文徳天皇の時代に「月見の宴」の記録が残されています。
「中秋の名月」は旧暦の八月十五日ですが、その前夜を「待宵の月」と呼び、同月の「十五夜」、十六日の「十六夜」、その後「立待月」(十七日)「居待月」(十八日)「寝待月」「臥待月」(ともに十九日)というように、月を楽しむ雅な呼び方があります。
 さらに、名残の月や後の月とも呼ばれる「十三夜」。中秋の名月から約一ヶ月遅れの新月から数えて十三日目の上弦の月です。今年は十月四日が十五夜で、十三夜は十一月一日になります。
 満月のみをたたえるのをよしとせず、欠ける陰影をも愛でるのは日本人の美意識の表れでしょう。中秋の名月は中国から伝わった風習ですが、十三夜は中国にはない月見です。宇多法皇が十三夜の月を愛で「無双」としたことが始まりとする説や、延喜十九(九一九)年に醍醐天皇が開いた観月の宴が風習化された説などがあります。
 また、十三夜は別名「栗名月」とも呼ばれますが、みなさんはクリはお好きですか?農耕民族だった日本人はコメや麦などを育てながら、山野に自生する「古能美(このみ)」や「久多毛能(くだもの)」を採取していました。
 静岡県の登呂遺跡からは、クリやカキ、モモ、クルミなどの遺物が出土していますし、山内丸山遺跡ではクリを栽培した跡が見つかっています。
 古事記や日本書紀によれば、垂仁天皇に仕えていた田道間守(たじまもり)は「常世の国」(中国南部〜インド)から橘などのかんきつ類を十年かけて持ち帰ったそうです。一般には橘が菓子の原点と考えられていますが、それがクリだとしても不思議では無いくらいに、古くから親しまれてきた木の実です。
 いかつい毬に包まれてはいても、その形はどこか愛らしく、香ばしく焦げた焼きグリや蒸したものにまつわる思い出は、誰もが持っていると思います。
 私の店ではみつ漬けにしたクリをまんじゅうやヨウカンにします。ちょうど香り高い新小豆も出回り、おれぞれの素材が引き立て合ってクリとあんが秋の到来を知らせてくれるかのように口の中で溶けていきます。

新着情報

10月の和菓子歳時記 旬彩菓(季節の和菓子)ページを更新しました。<17.10.10>
この度プロバイダーのサービス終了に伴い動作されなくなったお問い合わせフォームを新たに変更致しました。お客様には大変ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ありませんでした。<17.06.03>

お知らせ


お知らせ欄履歴はこちら→


フードアクション日本 米粉倶楽部
キラリ夢ファイル

テレビ新潟(Teny)『きらり夢ファイル』にて、当店の小豆『ときあかり』が紹介されましたが、この番組の放映が終了のため、掲載内容をこちらへ移動しました→(click!)


有限会社 酒田屋(さかたや) 
〒958-0846 新潟県村上市安良町3-8
TEL.0254-53-2527 
FAX.0254-52-1088