和菓子・上生菓子の通販 御菓子司(お菓子つかさ)酒田屋(さかたや)/城下町むらかみ(新潟県村上市)で営業 

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

ホームボタン お店紹介ボタン 商品案内ボタン ご利用案内ボタン お問い合わせボタン
リンクボタン サイトマップボタン このサイトについてボタン
新潟半熟カステラ

間もなく端午の節句です。
 皆さんは、かしわもちがお好きでしょうか?「男の節句」とも呼ばれる 端午の節句に欠かせないかしわもちは、いつごろからつくられたのでしょうか。

 「端午」 というのは、月のはじめの午(うま)の日で、同じ数字が重なる月日を忌み嫌っておはらいする中国の重日思想から定着した五節句のひとつが、五月五日の端午の節句になったそうです。
 古代中国では、この日に薬草を摘んだり、ランを入れた湯を浴びたりしたほか、ショウブを浸した酒を飲んだ風習があったと伝えられています。
 この風習が日本に伝来し、宮中では五月五日に騎射の行事があったことや、皇居を訪問する群臣は菖蒲葛の着用が義務づけられた記述が「続日本紀」にみられます。
 また、平安時代末期ごろから行われた騎射と並ぶ練武の催しの一つに印地と呼ばれる石合戦があり、安土桃山時代まで続いています。
 江戸時代に入ると、印地は菖蒲打や菖蒲切という菖蒲刀で切り合った遊技に変化しました。将軍家に男子が誕生すると、表御殿の玄関前に戦陣で大将の馬側に立ててその所在を示す馬印や幟を立てて、お祝いしました。
 これらのことが、端午の節句と男子誕生の祝いに結びつき、やがては一般の人々にも広くこの行事が取り入れられて、現在のような鯉のぼりや武者人形を飾る行事となったと思われます。
 かしわもちが登場したのは、ちょうどこのころ。徳川第十代将軍の家治のころだったといわれています。
 中国から伝来したちまきと違い、日本独特のかしわもちには新芽が出ないと古い葉が落ちない柏の葉に、「家系が途絶えない」という縁起に結びつけ、「子孫繁栄」の願いが込められています。
 季節は初夏を迎え、こいのぼりが明るい空で泳ぐ端午の節句が近づいています。柏の葉で包んだもちが並ぶ頃になりました。

様々な場面で、年中行事と和菓子との関わりはあります。歴史や風俗を感じながら、召し上がっていただくのも和菓子の楽しみ方のひとつです。

新着情報

5月の上生菓子とTOPページを更新しました。<17.05.01>

お知らせ


お知らせ欄履歴はこちら→


フードアクション日本 米粉倶楽部
キラリ夢ファイル

テレビ新潟(Teny)『きらり夢ファイル』にて、当店の小豆『ときあかり』が紹介されましたが、この番組の放映が終了のため、掲載内容をこちらへ移動しました→(click!)


有限会社 酒田屋(さかたや) 
〒958-0846 新潟県村上市安良町3-8
TEL.0254-53-2527 
FAX.0254-52-1088
メール:sakataya@plum.plala.or.jp